和通社

率極均衡原理[i]:公平は全体の効率であり、効率は局所的な公平である

时间:2022年04月29日    作者:和通社    浏览量:21559

率極均衡原理[i]:公平は全体の効率であり、効率は局所的な公平である

率極均衡原理[i]:公平は全体の効率であり、効率は局所的な公平である

——共に豊かになることは世界の未来の道である

文 / 浩鋒

 

キーワード:  効率極限  全体への公平 選好不優パラドックス 等定理   共に豊かになる  持続可能な発展

「率極均衡原理」は、中国の「和学」[ii] 創始者劉浩鋒が2010年にその「和学思想体系」第5巻「経済科学原理」における理論発見と貢献である。それは中国の有名な経済学者茅于軾教授のミクロ経済学分野の理論に「選りすぐり分配原理」に貢献し、必要な補充と発展であり、理論の大きな転換でもある。

「率極均衡原理」は謹厳な論証を通じて、「優位分配原理」を指摘し、ミクロ経済学の分野では、局所利益の至上を追求及び利益の最大化を実現することにより、マクロ経済全体の長期利益の最小化を招き、最終的に両極分化に陥り、周期的な経済危機のパラドックスの苦境を爆発させた。「ナッシュ均衡原理」は数学的に「囚人の苦境」を論証し、アダムスミスの理論を十分に証明した。市場経済の中で、一人一人が利己的な目的から出発し、最終的に社会全体が利他的な効果を達成したこれは成立しないパラドックスである。真実の情況は:すべての人はただ利己的な目的から出発して、局部的に言えば、短期的に利己的になるかもしれないが、長期的に言えば社会は必然的に互いに害を及ぼす悪循環が現れて、社会は最終的に自分の利益も彼の利益も得られないシステム的な危機状態になる。これも茅于軾教授の「選りすぐり分配原理」という本の中の論点を証明した: 一人一人が利益の最大化を追求し、社会全体の利益最大化実現させると言う論理成立しない。実際の状況は、社会全体の利益を最小化になること―両極化と周期的な経済危機や社会革命が勃発する。

「率極均衡原理」は、資源配置が利益の最大化を追求することにより極致に達すると、必然的に社会公平の実現に転向全体システムの均衡にになる傾向を要求し、「公平は全体の効率であり、効率は局部の公平である」という経済学の深い観点を提出し、経済学上初めてのミクロとマクロの論理統一を実現し経済現象における効率と公平の動的な相補関係を達成した

この莫大な理論は2018年12月29日、中国経済人物網、「環球時報」社、中国アジア経済発展協会、世界中国工商総会などの機関が共同で主催した「2018中国経済サミットフォーラム及び第16回中国経済人物年次総会」で、劉浩鋒様の経済学上の理論で「率極均衡」原理第16回中国経済人物年会に入選し、今回唯一の「中国経済文化革新人物賞」受賞を受けた

 

選りすぐり分配原理成立条件と「選りすぐり不優パラドックス」

「率極均衡原理」の理論的価値を完全に理解するには、まず茅于軾教授の「選りすぐり分配原理」を理解しなければならない。これはミクロ経済学の資源配置と取引に関する基礎科学理論である。

「選りすぐり分配原理」:施肥配置を事例とする。与えられた化学肥料と2つの土地で、どのように分配すれば生産された食糧を最大化にできるのか。この2つの土地は大きさが異なり,土質(やせ)も異なる。今は50キロの化学肥料があって、この2つの地面にどのように分配して、それが生産する食糧の総量を最も多くさせますか?「優先分配原理」によると、乙の土地では化学肥料を1キロ減らし、甲の土地で増加させるために使用される。減少した1キロの化学肥料は乙の土地での産出能力が、甲の土地での産出能力より少ないからだ。より多くの食糧を生産するために、最後に乙の土地の化学肥料を甲の土地に絶えず輸送せざるを得ず、結果的に増産した食糧が増加した。この推論は局所系で成り立っている。

22.jpg 

茅于軾教授の「選りすぐり分配原理」は西洋のミクロ経済学の取引基礎として、実際には局所利益の最大化の問題だけを解決した。微視的なレベルにとどまり、自分の利益の最大化ばかり考えて他人を顧みず、論理論域を拡大して推理を伸ばすことができなければ、甲乙両土地の二極化に陥るに違いない。甲乙は社会全体の個体として、社会では階級対立のパラドックス構造である。歴史の経験から、革命が歴史の悪循環に陥ることを教えてくれた。この現象を「選好不優パラドックス」と呼びでもかまわない

なぜ局所的な短期利益に注目し、全体的な長期利益を無視したのか形式論理的思考方式で分析処理され、甲乙の2つの土地が相対的に独立した仮定条件に確立され、2つの土地から構成された土壌全体の面から弁証されていないからだ。このような局所利益の最大化を追求した選択こそ、肥えた甲土地がより肥え、やせた乙土地がよりやせ、全体の構造にアンバランスな状態が現れ、分化の危機が爆発した。

自由市場経済が効率だけを解決し公平を解決しないと主張するとき、これは偏った見解である。実際、互いに周期的に調整と交換し、市場効率が極致に向かうと、社会の公平に転換してこそ、周期的な経済危機を回避し、全体への効率を得ることができる。社会の公平が極致に向かうと、市場効率に傾き、差別化の発展を保護し、奨励してこそ、経済のこう着危機を避けることができる。全体と局部、公平と効率、マクロコントロールと市場経済、この社会経済に健全運行と発展するための2足は、片方をおろそかにしてはいけない。

 

「共に豊かになる」論理のベース: なぜ効至上必然的に全体の公平に転向するのか

50キログラムの化学肥料が甲乙の2つの土地の上で最良の配置を実現して利益の最大化に達したい時、甲乙の各25キログラムを仮定して、通常甲の土地1キログラムの肥料を増加したの単位産出は乙の土地に1キログラムの肥料を増加したの単位産出より高い場合、それで元々乙の土地への化学肥料を甲の土地に用い、こうすれば化学肥料の利益の最大化を増加することができる。これは一方です。

一方、限界利益が低下すると、甲の土地に施肥を停止し、乙の土地に施肥しなければならない。一つでの限定的なシステムの中で、甲と乙2つだけの土地しかない、乙の土地に肥料を施さなければならない。同じ曲線として、甲乙2つの土地を互いに関連して全体的な分析として、生態系から見ると、あるいはマクロ問題を説明するために使用され、限界利益の低下は肥料を乙の土地に与えなければならないことを意味し、50キロの化学肥料の生産能力と土地全体の生産量を高めることができ、このように甲乙の2つの土地の生産能力とひらきを短縮した。甲乙の2つの土地は金持ちと貧乏人、エリートと庶民を代表し、化学肥料は国家金融などの国家マクロコントロール手段や方式の代表である。

11.jpg

この転換は、効率至上から全体の公平に転換し、共の豊かさを実現することである。この転換の過程で、社会経済生態に対して、絶えず運動と差別化を短縮するの過程である。その政策を打ち出すにはかなりハイレベルノウホウを把握する必要がある。公平発展の名目で効率を殺してはいけない、より良い効率の発展を保護であり、同時に、国家政策のコントロールと社会福祉、移転支払いを通じて社会の公平を増加させ、差別化を短縮し、共の豊かさを達成するのは良いのだ

大国を治めるには小鮮を調理するようなものだ。具体的な社会実践の中で、国家と社会が左右の2つの極端の中で大きく揺れ、社会コストの巨大な損失をもたらすことを避けなければならない。中国文化哲学から言われた通りに、陽には陰があり、陰には陽がある。異なる段階の経済情勢に基づいて、社会の公平を実現する中で次第に効率を発展させ、社会の効率を実現する中で絶えず公平を増加させるのを目指すべきだ

 

「率極均衡原理」の価値と時に与える影響

茅于軾教授はなぜこの道理を発見しなかったのか、つまり形式論理の離散分析法を使って、ミクロ問題に着目し、マクロ問題を延長しなかったからだ。社会のマクロ問題に広がると、論理的パラドックスが発生するからだ。パラドックスは、形式論理科学システムの中では意味がない。これは彼が依存している思考論理方式より自然に形成したものだ

言い換えれば、彼が論証した結論は限定したシステムにしか通用していない。彼の論理範囲を超えると、パラドックス発生状況が多い。この限定システムの論理範囲は、客観社会と完全に対応していない。一部の経済現象を解釈するしかできない。これは、西洋が形式数理論理に依存して構築した科学モデルと科学システムが、中国哲学と天道弁証論理ツールに依存して、人類文明の進歩のためによりよく奉仕しなければならないことを示している。

つまり、茅于軾教授が甲乙の2つの土地の関連を発見しなかったことは何を意味しているのだろうか。その追求する局部利益の最大化問題は、資本主義の発展方式と歴史を解釈し、資本主義経済学の範疇に属している。彼は社会公平を発展させるというマクロ分野を社会主義経済学の範疇に入れることは、より多くの思考をしない。

この原理の発見は、経済学上初めてのミクロとマクロの論理統一を実現し、効率と公平の矛盾の相补性と転化関係を実現した。リソース配置が効率と局所利益の最大化を一方的に追求する悪果を、必然的に周期的に西洋経済危機が爆発させると指摘し

それは現代世界にとって最も重要な価値は、資本主義市場の経済周期が二極化の苦境に陥った理由を明らかにし、西洋と世界人民の頭にかかっている周期経済危機の困惑を解決し、この苦境をどのように解決するかのために経路と方法を指摘し、これは世界の共同富裕と持続可能な発展を実現するのに有利である。同時に、人類運命共同体の道を構築するために科学的なベースと理論の支持を提供した。これにより、「率極均衡原理」は世界経済理論界の根本的な画期的な突破である。

 

「率極均衡原理」の中国哲学と数理基礎

 

中国哲学の最も核心的な知恵「太極図」に含まれる天道原理は、万事万物が弁証原理に従って運行されていることを明らかにし、「成、住、敗、空」の中で、いずれも自身の対立面に向かって衰えている。このような「物極必反」の原理は、自然界とリソース配置の過程にも深く反応している。太極図に含まれる弁証論理は、自然と社会の客観的な運動属性に対応し、矛盾関係を受け入れ、複雑有機システムの論理ツールに対する要求に合致している。形式論理ツールを制御し、リソース構成に一般的に有効な方法を提供している

「率極均衡原理」は、ミクロ経済取引のベースだけでなく、マクロ経済の原理にも適用される。実際、生活の中で金持ちの方はいつも最大の利益を創造できるわけではない。政府が調整の手 “can see the hand” により、金持ちの権益を守るだけでなく、金持ちが公益と慈善を積極的に行うことを励ますにするべき。富者の資源が増加し、産出が低下することを避けるには、国はコントロールを通じてより多くの資源を貧しい人に輸送し、貧しい人が公共教育と現代産業技能を受けることを助け、貧しい人の向上を促進し、徐々に金持ちに成長するべきである

しかし、社会の公平な面での先富[iii]は後富を牽引し、共同富裕[iv]を実現し、主に政府のマクロコントロールと移転支払いに頼っている。政府は負うべき主な責任と責任主体の位置を逃れることができず、金持ちは個人の精神覚醒と道徳修業に頼っている。公共を国家に渡し、競争を社会に任せ、公平を発展させる責任を政府に任せ、効率を追求する責任を市場に任せる。互いにずれてはいけない。

では、社会の公平を実現する公共製品とは、医療教育養老、さらには住宅である。一つの国の産業分業と生産能力が十分に完備し、自己実現可能な有機循環システムを構築したとき、国は数えないの方法でコントロールを通じて、国民がより優雅で文明的で、共富の要求を体現する住宅レベルを実現することができる。結局、合理的な差、全体的な均衡を達成し、数学的に「球容積円面積が最も大きい」共同富裕社会を実現すること

「率極均衡原理」の普遍的な応用は、社会を二極分化の低効率とシステム危機の端から引き返し、資源の最大化利用を絶えず実現し、全体の社会公平に寄り添い、甲乙両土地の生産能力格差の均衡傾向を短縮し、システムより高いレベルの公平な構造を実現することができる。

一つの国全体の豊かさは、この国の容積の多少に等しく、球の直径と空間に現れ、密度と品質にも現れている。差別化の競争は国の容積と直径を拡大することができるが、システムの崩壊を避けるには、両極化の時に「率極均衡原理」に従い、公平な左足をタイムリーにスタートさせ、国家システムを徐々に豊かにし、円満にし、格差是正共同富裕の実現に向けた重要な一歩であ

 

共同富裕:国家経済利益の最大化の数学的証明

 

率極均衡の原理に基づいて導き、合理的な差異、全体的な均衡を構築し、数学的に「球容積円面積が最大」の共同富裕社会を実現する。厳密な数学的証明を得ることができる。ある段階で国のすべての金融投資を有限長の閉鎖曲線Cと仮定すると、どのような状況で最大のリターンを得て、最大の経済効果と社会効果を得ることができますか?以下の論証は,この閉じた曲線が円に囲まれ,利益が最も大きいことを明らかにした。では、どのような状況で円を得ることができて、物理学の法則は明らかにして、それは均衡の投資である

33.png

44.png

 

 

これが2 D平面の「等周定理」[v]ある。等周定理は,周囲長が等しい閉じた幾何学的形状の中で,円形の面積で最大である

2 D平面では、周長が一定で、円の面積が最大である。面積は一定で、円の周長は最小である。3 D空間では、表面積が一定で、球の容積が最大である。容積は一定で、球形の物体は他の形状(例えば方形、円柱形など)の物体より表面積が小さく、受力が均一で、より強固になる。

物理学の中で、1つの閉じた曲線、もし各方向が力を受けるのが均衡であれば、生成した図形はきっと1つの円で、もし1つの方向が力を受けるのが大きいならば、1つの方向の力を受けるのは小さくて、生成したのはきっと細長くて、扁平な図形になる

55.png  

国家経済の分野で、もし国家の金融の支持が均衡であれば、曲線を閉じて、もし各方向が力を受けて均衡すれば、生成した図形はきっと円で、これは共同の豊かさを実現することを証明して、社会全体の利益の最大化であること!

国の金融政策と支持が不均衡で、ある方向が大きく、ある方向が小さく、細長い扁平な図形が生成されるに違いない。例えば、利益の良い大手企業、国有企業などに傾いているだけで、中小零細企業に対する支援は挂け声ばかり大きくて结果が伴わない。例えば、銀行に預金を持っている金持ちへの支援が大きく、貧乏人の技能と創業の金融需要を完全に無視しているなどだ。経済の発展に従って、必然的に両極化の社会をもたらして、経済危機を爆発して甚だしきに至っては社会革命は歴史の悪循環の深淵に陥って、最後に全体利益の最小化の結末が現れるのだ!

欧米資本主義国家の金融はこのような方式で、ある段階の成長を経験した後、必然的に経済危機が発生して社会に巨大な損失をもたらした後、それは外に拡張して侵略しなければならなくて、論理的な意味での範囲と地理の版図を拡大することを通じて、システム上の溝を埋め尽くし、これは世界に不安定と衝突をもたらし、世界を持続可能な発展に陥れるのだ。

率極均衡原理が示した共同富裕の道は、現在の社会主義事業の必然的な開拓であり、資本主義文明の転換向上でもある。二つの社会形態を超え、世界の未来のために共同発展の目標を指摘した。なぜなら、共に豊かになってこそ、世界は持続的な平和と長期的な共同発展を遂げることができるからだ。

そのため、「率極均衡原理」は、地球村が世界共通の豊かさと調和のとれた平和の持続可能な発展を実現することを促進し、人類運命共同体をよりよく構築するために光明の道を敷いた。その誕生は、国あるいは全グローバルが共に豊かになる道が歴史と時代の必ず経由を科学的に論証した

66.png

劉浩鋒の紹介:  l  中国湖南籍、和学創始者。l  思想家、哲学者、批評家、芸術家、作家詩人、記者主筆、社長編集長。l  中国論理学会会員、中国弁証法研究会会員。l  学術方向:中国文化の現代化グローバル化l  数学は中国文化の最高知恵「天人合一」の暗号を解読し、数学論理で「万教帰一」を論証し、中西文化の論理対立を相互補完関係に転化する。経済学の「率極均衡原理」を発見した。l  2018年中国経済人物年会「新時代中国経済文化革新人物唯一大賞」を受賞した。l  出版著作:『世界貿易における中国経済と庶民生活』『ネットを家とする』『中華文化復興文集』(三巻本)『和学概論』『美学科学原理』『世界ルネサンスの推進』『黒と昼』(三部作)『和学—中国文化伝承と開新』。l  ニュース時政と文芸哲学評論百万字を発表したl  2017年度世界文化傑出した貢献人物、国連東方文化傑出した貢献賞。


[i] 効率の極限での均衡、との略称である

[ii] 和学は、劉浩鋒先生が20年の努力を経て儒釈道耶回科学合一を完成させた膨大な思想体系。彼は天道太極図原理に基づく弁証論理哲学と本体論、方法論、論理ツール、価値観を貫通し、初めて論理学の面から東西文化関係を完全に解釈し、相対的に静止した局所システムを解決する形式論理と全体と無限システムを解決する弁証論理の条件転化を説明した。いかなる文化もその論理方式に切り込むことが最も基礎的である。

[iii] 「豊かになれるものを先に富ませる」

[iv] 小康の次の目標として示されたのが、国民皆が豊かになる「共同富裕」である

[v] 数学における等周定理(とうしゅうていり)とは、表面積と体積に関する幾何学的不等式である。


【责任编辑:和通社】
频道精选

Copyright © 2015-2019 HKANEWS All rights reserved.